JPAニュース2022年8月15日号

2022年8月15日

NPO日本プレゼンテーション協会理事長高野文夫

新刊;コミュニケーション365

(ファシリテーション・プレゼンテーション編)Kindle版300円

NPO日本プレゼンテーション協会出版局推薦図書No.18 

私は過去18年間毎日欠かさずブログを発信してきました。アメブロです。

 ブログの基本テーマはコミュニケーションですが、ファシリテーション、プレゼンテーション、ネゴシエーション及び人間力の養成です。

 私はバイリンガルユーチュ―バーとして、毎日日本語と英語の二本立てで、表記のテーマを発信し続け、既に5年経過し本数は3,400本を超えています。

 この程、過去に発信したユーチューブとその内容の要約を本にまとめました。

 本は、上下あり、上は、ファシリテーションとプレゼンテーション編です。下は、ネゴシエーションと人間力パワーアップ編です。

まずこの本は上の、ファシリとプレゼン編になります。

 この本で、ファシリとプレゼンの要諦を学んで下されば光栄です。文章とYOU TUBEでの語りの動画が添付されています。

 どうか素晴らしいコミュニケーターになってください。

 その為のたたき台にして下されば幸いです。この本は、電子本で300円と言う格安ですので、学生さんや若い方々にとってもお求め安くなっています。

Major Communication Techniques

今最も注目されている4つのメジャーなコミュニケーション技術

1、ファシリテーション【facilitation】

グループによる活動円滑に行われるように支援することです。

ファシリテーションのスキルには、場をデザインするスキルプロセス設計)、コミュニケーションスキル傾聴復唱質問主張非言語メッセージ解読等)、構造化スキル図解フレームワーク)、合意コンセンサス形成スキル等が挙げられます。

2、プレゼンテーション【Presentation】

複数人数の聴衆の前に立ち、時にはプロジェクターとスクリーンなどを使いながら、自分の意見や情報などを伝える。

3、ネゴシエーション【Negotiation】

交渉力は、営業交渉から始まり、社内交渉、上司や部下との交渉もあります。

また、家庭においても何かを決定していくさいには必ず交渉が必要になってきます。

交渉と聞くとどんなイメージがあるでしょうか?

映画の「交渉人」、駆け引き、ずるさ、狡猾さなどいろんなイメージがあるはずです。

しかし、交渉において大切なことは、あくまでも相手と「合意」に到着するという落としどころがあることです。

アメリカでは「交渉学」なるものが歴然と存在し、科学的に交渉プロセスを勉強します。

、人間力【Human Power

根回し(ねまわし)とは、樹木を移植するに先立ち準備する一連の作業のこと。 転じて、物事を行う際に事前に関係

者からの了承を得ておくこと(下打ち合わせや事前交渉などの段取り)をも指す言葉となります。

組織の中にはさまざまな利害関係があります。

調整をうまく行わなければ、物事はなかなか前に進みません。

根回しを怠った場合、「事前に聞いていなかった」というだけでへそを曲げられ、反対に回られてしまうなんてことは多々あります。

誰しも自分を重んじてほしいので、根回しをメールで簡単に済まそうなどとすると、「自分は軽んじられている」との思いから容易に反対に回られたりもします。

意思決定権のある立場の人ほど、そうした傾向があると思って下さい。

さあ!このビジュアル(You Tube)と本の合体ツールを使って思いきりご自身のコミュニケーション力を磨き上げて、一流のコミュニケーたーを目指して下さい。

【お申し込みは下記のアドレスをクリックしてください。】

Amazon.co.jp: コミュニケーション365: ファシリテーション・プレゼンテーション編 eBook : 高野文夫: 本

それでは続きは9月15日にお話しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。