協会推薦図書No.22 NPO日本プレゼンテーション協会推薦図書 コミュニケーション365 英語ブラシュアップ編


コミュニケーション365: 英語力のブラシュアップ

 Kindle Edition高野文夫 (著)300

Amazon.co.jp: コミュニケーション365: 英語力ブラシュアップ編 eBook : 高野文夫: Kindle Store

はじめに

 私はこの夏に「残念な人のマトリックス」という本を出版しました。

  世間の人を4つの象限に分けて、英語やITやコミュニケーションに強い人とそうでない人に分けて整理したのです。

  過去のサラリーマン生活30年は、日米や欧州の多国籍企業で過ごしましたから、英語力勝負の面がありました。

  50歳でサラリーマン人生を上がって、経営コンサルや教育コンサルタントとして独立しました。

  そして外資と言うより国内の民族系企業のナレッジコンサルと教育コンサル(研修講師も含めて)を体験しました。

  外資の国際企業は、英語勝負と申し上げましたが、国内の企業はけして英語勝負では無いことが明らかでした。

  そして、明らかに分かったことは、日系の企業では英語力より、どちらかと言うとコミュニケーション力(付き合い学や学歴・学閥力や忖度力)の方が重要だと分かりました。

1、英語使いは道具にされやすい

 特に注目に値したのは、ハーバードやノースウェスタン大などの有名大学のMBA所有者などが、そのディベート力の強さが裏目に出て、

 日本人の上級幹部に煙たがれ、阻害され、出世コースから外されている例を多く見たのです。

 そのような人は、ジョブ・ホッピングと言うのですが・・、思うように期待の部所に登用されない不満さから、次々に会社を辞めて移ってゆくのです。

 すなわち、日本と言う国はいまだに、その人の専門能力と言うより素直さや風や空気を読んで、上手に忖度出来る人が登用されるのです。

 アメリカやイギリスの大企業では、上級管理職になるには、専門能力に加えて、日本で重要とされる、表記の能力を合わせ持っていないとダメなんです。


 ですから、日本社会の方が楽と言えば楽かもしれないのです。


 失敗しても、急に首になったりしないし、一流大学を出ていて、素直さやコミュニケーション能力が高ければ、

 どんどん登用されてゆきますから・・、大手外資系企業より生きやすいと言えましょう。

 今でも、英語なんて全然できなくても大手企業の役員を務めている人は沢山います。

 すなわち、日本企業に働いて、出世する為のとても重要な要素は、学歴などの毛並みの良さと、犬の「ポチ度」だと言えましょう。

 「ポチ」には、ドイツのドーベルマンやアメリカのシェパード犬ではなれない(上司に噛みついてしまうから・)、

 盲導犬のレトリバー犬や可愛げのある秋田犬などが向くのです。

 しかし、今や国境が溶けてゆく時代で、One World Orderの時代に入りました。

2、日本人もグローバルスタンダードな能力が  求められます。

 ですから、これまでの日本独特のコンピテンシー(能力や価値観)がぶっ飛び、世界のOrder(基準)に従わなければ生き残れなくなりました。

 すなわち、私が説く、「残念な人のマトリックス」の第一象限の人しか上級リーダーにはなれなくなったのです。 

 日本国の中でしか通用しない、「茹でガエル」や「ガラパコスのイグアナマン」はスクラップにされてしまう時代なのです。


  しかし、日本人はいまだに大企業病だらけです!


 それではこれからどうしたら、世界のどこででも生き残ってゆけるでしょうか?

 そのノウハウをこの本を頼りにされて学んでください。要は、努力して「残念な人のマトリックス」の第一象限の人になる事です!

 この本は、You Tubeが添付されており、読みながら視聴覚が出来ますので肚落ちするはずです。

 Kindle本で300円と言う格安ですからお求め安くなっています。

 皆様が、素晴らしいコミュニケーターかつ英語使いになられるよう祈っています。                         

             著者の高野文夫  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。