プレゼン最前線2021年3月15日号

2021年3月15日
高 野 文夫
NPO 日本プレゼンテーション協会理事長

 

勉強はどこまでも続く銀河鉄道の旅

  人生は旅だと常々思っています。

そして勉強は、人生の扉を開いてくれるのですが、

時々の思いがけないような知恵の獲得は

人生特急列車の切符を得るようなものです。

  どこまでも、どこまでも続く希望の旅を実現させて

くれるものです。

そして旅には色々な出会いがあり、予想もしない素敵な

人とも遭遇できるのです。

私は、昭和42年ですが、中卒で集団就職で田舎から

都会に出てきました。

職人修行にでました。職人の修業の過程で、

勉強の大切さを骨の髄から悟りました。

そのおかげで、進学した高校、大学、大学院、いずれも

思いっきり勉強をしたものでした。

奨学金と授業料免除制度で、高校から大学院を出るまで

親からお金を一銭ももらったことがないのです。

逆に大学生時代からは親にお金を送金していました。

空手部の活動も大変でしたが、同時に家庭教師や

色々なアルバイトで生活費を稼ぎました。

そして一度も授業料を払ったことがないのです。

日本という国は、みんな政府に対して悪口を言いますが、

捨てたものではありません。

貧乏でも努力する者には授業料を完全免除してくれる制度が

用意されているのです。特別奨学金もしかりです。

60歳後半の今でも本を読んだり、

友達や、色々な媒体を通して学ぶことの面白さは

格別なものです。

今は本は読むだけでなく、書き手の側にも回っています。

既に電子本を含めると83冊世に出しました。

サラリーマンは卒業し、今は企業内研修講師をやっています。

もう10年以上になりますが、国立大学法人東京農工大学の

大学院のコミュニケーションの講師もしています。

若々しい後輩に勉強をお教えするのは、

かえって自分が勉強するし、後輩から教えられる事も多いのです。

私は、自分で言うのはおこがましいですが、

いわばラーニングスタイルの人生を楽しんでいます。

この続きは2021年4月15日号になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です